東北新社が考える 未来のクリエイティブ with ANOTHER FARM
東北新社が考える
未来のクリエイティブ
with ANOTHER FARM

TRIAINA トリアイナ

自然との関わりを、全ての人に考え続け、行動し続けてもらうことを願って作られた
海中モニュメント「TRIAINA」。

自然破壊の一部と思われがちなコンクリートにアミノ酸を混合した
新発想の素材「アミノ酸コンクリート」。
コンクリートから滲み出るアミノ酸を栄養分に、藻や海藻が発生し、プランクトンが発生し、
魚が住みやすい環境が生まれる。
人、生物、自然が共生する環境改善型アート。それが「TRIAINA」。

トリアイナ

ギリシャ神話のトリトンやポセイドンが手にしている「三叉の矛」。
「人」と「生物」と「自然」の共生を象徴する、アート作品の名称として命名。

東北新社が考える
未来のクリエイティブとは

その一つの方向性として、より良い未来のために人々が
自分ごととして課題を捉え、日々の意識や行動に移すことを
目的としたスペキュラティブ・デザインをベースにした
クリエイティブと捉えた。
「TRIAINA」には、発生から8年を経過した東日本大震災、
人々の関心が薄れかけている未曾有の大災害を風化させない。
これからも全ての人の問題として、人と自然の共生を考えてほしい。
というメッセージを込めた。

アミノ酸コンクリートとアートの出会い

今回のモニュメントに採用するのは、新発想のテクノロジー素材
「 アミノ酸コンクリート 」。
自然破壊の一部と思われがちなコンクリートにアミノ酸を混合し、
それを栄養分に、藻や海藻が発生し、プランクトンが発生し、
魚が住みやすい環境が生まれる。

SDGsへの取り組み

Passion(ほとばしる情熱)、Creativity(豊かな創造力)、
Technology(最新技術の追求)、Speed(変化への迅速な対応)。
我々東北新社グループは、<PCTS>というこの4つの言葉をモットーに
1961年の創業以来、映像ビジネスに積極果敢にチャレンジし成長を続けてきた。
今回の「 TRIAINA 」は、当社が掲げるモットーを体現するとともに
「持続可能な開発目標(SDGs)」への対応に繋がるものとして位置づけている。

ANOTHER FARM

ANOTHER FARMは、アーティストの尾崎ヒロミ(スプツニ子!)・串野真也・丹原健翔からうまれたユニット。自然から得たインスピレーションをもとに、科学者やエンジニアと協力し、人間と自然の新しい関係性を模索しながら、最新のテクノロジーと伝統的な技術を駆使した実験的な制作活動を行なっている。
過去のコラボレーション作品は、英国ビクトリア&アルバート博物館にパーマネント・コレクションとして所蔵されており、更に米国ニューヨークのブルックリン美術館やクーパー・ヒュイット博物館などで展示されている。